-DESIGNER-

 

 

 

尾花 大輔
1974 年1 月28 日 神奈川県出身
ミスターハリウッド全体のディレクション、N.HOOLYWOOD のデザインを手掛ける。

 

 

 

 

-PROFILE-

 

 

 

1992 年、専門学校中退後、古着屋でバイヤーとショップマネジャーを兼任する。1995年、古着のセレクトショップ、「go-getter」の立上げに携わる。
ヴィンテージブームの中、70年代、80年代のデザイン性の強い古着をセレクトし、数々のムーブメントを作っていく。

 

 

 

1999 年、コンディションが良いもの、より古い物が良いという古着への価値観に疑問を抱くようになり、「go-getter」のコーナーにてリメイクやオリジナルの展開を始める。

 

 

 

2000年「N.HOOLYWOOD」を設立。同年12 月、 本格的にオリジナルを展開する為、原宿に「Mister hollywood」をオープン。

 

 

 

2002 年にはクラブで初のコレクションを発表。

 

 

 

2004 年9 月、原宿から神宮前にショップを移転。

 

 

 

また、2007 年6 月には、パリで初の展示会「N.HOOLYWOOD COMPILE」を発表する。
2011SS コレクションより、NY へ発表の場を移す。

 

 

 

 

-POLICY-

 

 

 

“ものを創る”とき、私たちは、過去にあったこと、もしくは、今ある古いものにフォーカスを当て、新しい価値観を導きだすことを念頭に置いて創作しています。

 

 

 

 

こんにちは京都店の近藤です。

 

 

 

本日、ご紹介するのがコチラ。

 

 

 

 

 

N.HOOLYWOOD/SCREEN STARS  TEE-WHT-

 

 

N.HOOLYWOOD/SCREEN STARS TEE-BLK-

 

 

 

一見するとシンプルなプリントTEE。

 

 

 

でもコチラのアイテムはそれだけでは無いのです。

 

 

 

 

 

 

 

古着や映画好きの方はぴんと来る方もおられたかもしれないこのブランドネーム。

 

 

 

そうです。よく古着などで映画のプリントTEEなんかを買うとボディはまれにこの

 

 

メーカーさんのボディです。

 

 

近藤も家に2枚ほどありました。

 

 

 

 

ここでSCREEN STARSのご説明を

 

 

「FRUIT OF THE LOOM」からプリンタブル用のTシャツブランドとして1980年にリリースされた「SCREENSTARS」。

 

 

有名企業や、ハリウッド映画、カレッジチーム、ロックスターのセールスプロモーションから街の飲食店や整備工場、小さなイベントなど、そのボディーは実に様々なシーンで”着る広告”として活躍してきた。

 

 

90年代には生地の編み立てから縫製まで一貫生産をし、年間1億枚を全世界で販売していたが、現在「SCREENSTARS」はアメリカでは流通していない。

 

 

現在日本でのみ多少の流通はあるみたいですが

 

 

ほぼほぼお目にかかることのないボディブランドです。

 

 

 

 

 

 

フロントプリントはブランド初期の頃のロゴをプリント。

 

 

パッケージも当時の雰囲気を感じさせるディティールに。

 

 

 

 

ブランドタグは裾のサイドの部分に付属されております。

 

 

いつもの首元ではなく裾のサイドと言うのがまたこだわりを感じさせるポイントです。

 

 

 

 

 

 

 

旧式の釣り編機で作られた素朴な風合いの生地はなめらかで着心地がよく、長く着込むことにより生じる

経年変化をじっくりと楽しめます。

 

 

 

今からの時期だからこそ必要となるtee。

 

 

だからこそ語れるteeを

 

 

入手されてみてはいかがでしょうか?

 

 

是非、店頭でもご覧下さい。

 

 

 

 

N.HOOLYWOOD 2018SS COOLECTION

 

 

のアイテムは↑コチラ↑から

 

 

印mathematicsLINEアカウント

 

が新しくなりました。

 

下のQRコードを読み込んでいただくか

 

 

 

お友達追加ボタンで追加して頂けます

 

 

 

 

友だち追加

 

 

Instagram-Logo1-SMALL @in_mathematics

-印- mathematics 京都店

〒604-8113
京都市中京区柳馬場通六角下る井筒屋町400
open:11:00 ~ close:20:00

TEL:075-256-3155
mail: mathematics_kyoto@in-net.gr.jp

 

Comments are closed