こんばんは!

 

六角店増田です。

 

 

さて、今回は新規取扱いブランド

 

“KUON ” のご紹介です。

 

 

 

 

 

KUON(クオン)は日本語の
 
「久遠」、「遠い過去または未来」「永遠」に由来しています。
 
 
 
世界中に存在する古着や古布の持つ歴史や文化を
 
取り入れながらも、
 
その枠に捉われず、時代が巡っても変わらない、
 
理屈抜きのシンプルなカッコよさを追求することを
 
ブランドの真髄としています。
 
 
 
新しいものは古くなるけれど

美しいものはいつまでも美しい
 
 
 
 
デザイナー
 

石橋真一郎(Shinichiro Ishibashi)

丸の内の老舗テーラーにて修行後、

パリコレクションブランドのパタンナーとして入社、

2014年独立し、フリーパタンナーとして

数々のブランドを手がける。

2016S/SよりKUONのデザイナーに就任。

 
 
 

———————————————————————————————

 

1st.DELIVERYはコチラ

 

いかにもKUONというような

 

柄、生地のサコッシュになっております!!!

 

 

 

 

” COMPACT BAG “

– 3COLOR –

 

 

 

 

 

 

 

” COMPACT BAG ”

-BLU-

 

 

 

刺し子織りのサコッシュ。
 
歴史を感じる刺し子織りの技法とトレンドのPVC素材
 
時代も素材も異なる物がまざりあう面白みがあり、
 
デザインとしてもシンプルかつ存在感のある
 
魅力溢れるアイテムです。
 
 
 
 
刺し子とは、
 
江戸時代に東北地方などの寒冷地で木綿が手に入りにくく、
 
寒さをしのぐために薄い麻の着物を重ねて生地を厚くし、
 
そこに糸を刺すことで暖かさや丈夫さを
 
確保する手段として始まったとされています
 
それが日本人の美への意識と手先の器用さが相まって
 
一つの文化の域にまで達しました。
 
 
 

 

 

 

2種類の刺し子模様を組み合わせ規則性のある独自の柄に。
 
縦にパッチワークされたようなインディゴ生地の濃淡も
 
さらなるアクセントに。
 
それぞれのデザインが互いに邪魔をせず、
 
ひとつのデザインとして昇華されています。

 

 

 

 

 

” COMPACT BAG ”

– NVY –

 

 

 

 

襤褸(ボロ)をツギハギしたサコッシュ。
 
歴史を感じる襤褸とトレンドのPVC素材
 
時代も素材も異なる物がまざりあう面白みがあり、
 
デザインとしてもシンプルかつ存在感のある
 
魅力溢れるアイテムです。
 
 
 
襤褸。「ぼろ」「らんる」。 使い古して役に立たなくなった布やぼろぎれ、着古して破れたりつぎだらけの衣服のこと。
 

 

 

 

 

一点一点、ボロのパターンが異なる為アソートになっているので
 
人と被らないのも◎
 

 

 

 

 

 

” COMPACT BAG “

– WHT –

 

 

 

 

 

刺し子模様を用いてチェック柄にデザインされたサコッシュ。
 

 

 

 

 

 

白黒のブロックチェックでもポップになりすぎず、

刺し子織りがうまく中和してくれているので

使いやすくなっています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほとんどのアイテムがKUONでしか

 

手に入らないアイテム。

 

ブランド独自の世界観にぜひ触れてみてください。

 

生地に対する価値観や視野が変わり

 

ファッションの楽しみ方もまた広がると思います。

 

 

 

 

 その他ブランドも19SSアイテム

 

どんどん入荷していってますので

 

お近くにお立寄りの際は、

 

ぜひお越しくださいませ◎

 

スタッフ一同お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

WEBSTOREはコチラ

 

 

 

印mathematicsのLINEアカウント

 

が新しくなりました。

 

下のQRコードを読み込んでいただくか

 

 

 

お友達追加ボタンで追加して頂けます

 

 

 

 

 

 

 

友だち追加

 

 

 

 

 

 

Instagram-Logo1-SMALL @in_mathematics

-印- mathematics 京都店

〒604-8113
京都市中京区柳馬場通六角下る井筒屋町400
open:11:00 ~ close:20:00

TEL:075-256-3155
mail: mathematics_kyoto@in-net.gr.jp